プロ料理家337名によるプロのレシピ4604

食のトレンド情報室「食ラボ」

ここ数年で外食のお店も様変わりしています。昨年流行った「ロングテーブル」やファームtoテーブル、出会い系居酒屋などの次に続く(?!)、今年きそうな新業態やコンセプトが新しいお店など、食ラボメンバーが注目するお店を各メンバーが1店舗ずつ計6店舗を取材してきました。全3回にわたってレポートをお届けします。

実食レポート! 食ラボメンバーが注目する話題のお店

今回は、料理家 森崎繭香さんが注目する、元クックパッドのエンジニアが作った「あなたの希望に合わせておかずをあつらえる小さな定食屋、未来食堂」と料理家 星野奈々子さんが訪れてみたかった、スーパーフード&ライフスタイルクリエイターのWOONINさんがプロデュースする「浅草農園ファームバー」の2軒のレポートをお届けします。

お客様ひとりひとりに寄り添うオーダーメイド定食屋

徹底した効率化!「ランチタイム」は日替わり定食1種類のみ

多くの店が当たり前にやっていることだが、数多くのメニューに対応するには仕込みにも相当な時間を要し、ロスも出る。「ランチタイムは日替わり定食1種類のみ」というのは、店主1人で客数の多いランチタイムの回転率をいかにあげるか、に着目した効率的なシステム。 お店に入るとすぐにお盆にのった小鉢と茶碗が出てくる。客自身でごはんを盛っていると、ほとんど待たずに味噌汁とメインのおかずが出てくる。
店側のオペレーションだけでなく、客側にとってもすぐ食べられるのはうれしい。特にビジネスマンのランチは、所要時間によってその日のお店選択肢が変わるほど重要である。また、セルフサービスのごはんもカウンターにある“おひつ”から盛るので味わいがあり、好きなだけ食べられるのも良い。

未来食堂


夜はオーダーメイドでおかずを「あつらえ」

その日にある食材で客の要望に応えてくれる。客の好みや気分、体調にあわせたおかずを作ってくれるオーダーメイド。
これがいかに難しいことであるかは少し料理をする人なら想像がつくだろう。相当数のレシピの引き出しと、どんな方向からリクエストがきても「おいしく」着地させられる技術が必要である。(誰もが”美味しい”と認める味が存在するか?については店主ブログの「美味しさは消去法である」「料理は「美味しさの本質」を掴むことが大事」という話が面白い。

未来食堂


気になるお味は…?

「元ITエンジニアの店主が作るおもしろいコンセプトのお店」ということに注目が集まっているが、気になるのがそのお味。
この日の定食はおろしポン酢ハンバーグ。ぎゅっと肉の旨みを感じるタイプ。粗めの大根おろしと手作りのポン酢でさっぱり仕上げている。小鉢のタラモサラダは、クリーミーな中にとびっこで食感にアクセントをつけている。どれもこれもほっこりと落ち着く懐かしい味。夜に会食を控えた遅めのランチだったが、結局おかわりをしてしまう。また来たいと思わせる、丁寧に作られた心温まる料理だった。 これからも進化を遂げていくであろう未来食堂からますます目が離せない。

未来食堂


◆ お店の情報 ◆
未来食堂
神保町駅 徒歩3分
住所 :東京都千代田区一ツ橋2-6-2 日本教育会館 B1
営業時間 :11〜22時(日月祝休,火は15時迄) ※本の閲覧は平日ランチタイム以外でお願いします
電話 :03-3239-3900
http://miraishokudo.com


取材/文・写真

【顔写真】森崎繭香さん 森崎 繭香 さん
大手クッキングスクール講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。
企業向けレシピ開発や雑誌へのレシピ提供、NHK料理番組出演、ラジオ出演などの他、料理イベントの監修や飲食店のメニュー提案など、フードコンサルタントとしても活動中。
最先端の健康系ドリンクを取りそろえたFarm Bar

浅草「まるごとにっぽん」内に2015年12月ニューオープン!

浅草農園ファームバーは浅草の「まるごとにっぽん」という全国から美味しいものが集まった商業施設内に12月にオープンしたばかり。スーパーフード&ライフスタイルクリエイターのWOONINさんがプロデュースしているお店。
自家製のコンブチャを始め、甘酒や発酵バターを使用したドリンクなど最先端の健康系ドリンクを取り揃えている。

Farm Bar


コンブチャをはじめとしたウェルネスドリンク

「コンブチャ」とは甘い紅茶を発酵させた植物性乳酸菌飲料のこと。70年代に日本でも「紅茶きのこ」としてブレイクしたが、デトックス効果やアンチエイジング効果があるとして近年海外セレブの間で愛飲されたことをきっかけに日本で再度注目を浴びている。
浅草農園ファームバー自家製のコンブチャは甘みと乳酸菌特有の酸味があり、飲みやすくてとても美味。プレーンだけでなく、チアシード入りやアサイー入りなどいろいろな種類があり、何回来ても飽きないのが嬉しいところ。
発酵バターを使用したドリンクは、発酵バターをミキサーで溶かし入れる新感覚のドリンク。発酵バターコーヒーは北海道産発酵バターと、有機ヴァージンココナツオイル、有機コーヒー豆を使用しており、発酵バターの風味がふんわりと香りコクのある優しい味だ。

Farm Bar


浅草農園のこだわり農産物

隣接する浅草農園は、全国各地の旬の野菜や果物の直営店。数多くの新鮮な食材の中で特に目を引くのがこちらの野菜を使用した色鮮やかなピクルス。まろやかな酸味で素材の美味しさを生かした味だ。
ぜひ、浅草観光と合わせて最先端のドリンクとこだわりの農産物を試しに行ってみては?

Farm Bar


◆ お店の情報 ◆
浅草農園ファームバー
住所 :東京都 台東区浅草2-6-7-1F
営業時間 :11〜20時
電話 :03-5828-5101
http://www.asakusafarm.tokyo/


取材/文・写真

【顔写真】星野奈々子さん 星野奈々子 さん
ル・コルドン・ブルー代官山校 料理ディプロマ取得。祐成陽子クッキングアートセミナー卒業。 現在はフードコーディネーターとしてレシピ開発やフードスタイリングを中心に活動中。

料理家の座談会、「食」の調査・レポートなどお仕事依頼はこちら

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

<-- //END:プレゼント -->
  • Flipboard
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5