プロ料理家337名によるプロのレシピ4604

食のトレンド情報室「食ラボ」

『わたしの定番手みやげ、注目の手みやげ』前編

ちょっとお友だちにお礼をするときや、ホームパーティに招かれたとき……さりげなく小さなプレゼントをお渡ししたいですよね。私らしい「テッパン」があったら素敵だし、トレンドのもので話題のきっかけを作ったりと、手土産には「おいしい」プラスαの意味がたくさんあります。今回は、食のプロ&フードソムリエスタッフが使っている定番&注目手土産を前後半に分けてご紹介します。(まとめ・文:北條芽以)



料理家 星野奈々子さん

やはり料理家の星野さんですから、手作りを贈ることが多いそう。購入する際は、自分がよく知っているものや、仲のいい信頼できるひとが作ったものや仕事をしたものを選びます。特に、自分が仕事で関わったものはいろいろな人に何度もプレゼントしたい! 今回も、実直に作られた老舗のお菓子や開発を手伝ったというメニューをご紹介してもらいました。


いち粒 ジュース各種

星野さんが手土産にいちばん使っているというのが「いち粒」のジュース。有機栽培の雪下にんじんをストレート搾り製法で作った「人参ミックスジュース」「人参98%ジュース」は、添加物を加えず、にんじんの濃厚な味わいがまるでピューレみたい。「いいものなんだけれど自分で買うには高いかな?と思うものが手土産やプレゼントの基準。こちらのジュースはまさにそんな存在です。生うどんセットもおすすめ」

いち粒 ジュース各種


あとあとかとか ショコラテリーヌ

カリスマ的な人気を誇るベーカリー「シニフィアン・シニフィエ」で働いていたパティシエールの川村あゆみさん。現在は小淵沢に住み、ていねいに、ゆっくりとお菓子作りをしています。オンラインショップで不定期販売しており、楽しみにしている食通も多数。「『売りますよー』と連絡がきたらパソコンの前で待機! ショコラテリーヌは塩をふって食べるのが独特で、ほかの材料も素晴らしく、本当に好きな味」

あとあとかとか ショコラテリーヌ


その他の愛用手土産

南青山まめの和菓子
オーボンヴュータンのプチフールセック、ウィークエンド
マッターホーンの缶入りクッキー
ハンデルスベーゲンのプレミアムアイスクリーム



ライター 北條芽以さん

ライターの仕事のなかでも手土産を扱うことが多いので情報だけは多い私、北條。「手土産を贈るシーン」に興味があり、ただおいしいものを贈るだけではなく、どんな状況のどんな相手に、なんのために贈るのかを考えるようになりました。手土産は、ときに仕事で力を貸してくれたり、感謝や謝罪の気持ちを伝えるとても重要なツールになるのです。


神戸風月堂 ゴーフル

ヨックモックのシガールや本高砂屋のエコルセと並び、昭和の手土産の王様。「最近食べてなかったけど好き!」という言葉を引き出せる手土産です。神戸の本店では本店限定の「グラン・クリュ」があり、赤ワイン、白ワイン、ブランデーといった大人味のゴーフル。あるタレントさんに手土産として渡したら『ポリポリかじる姿がかわいく見えて、しかも小顔になる!』と現場で盛り上がり、Instagramにもあげてもらいました。

神戸風月堂 ゴーフル


パレスホテル東京 千代ちょこ

外国人客が増え、日本の文化を伝えられ、しかもおいしい手土産として注目なのがパレスホテル東京。特にこちらの千代ちょこは、繊細なビター、ミルク、ホワイトの薄いチョコレートに信じられないほど繊細な千代紙の模様が描かれています。ボックスや畳紙のような包装も美しい、特別な手土産に。実は美しさだけでなく、パリッと割れる薄さや口どけがチョコレートとしてとてもおいしい。プレゼンテーション×味ではいま注目のホテルです。

パレスホテル東京 千代ちょこ


その他の愛用手土産

豊島屋の鳩サブレ
ドイツ・マリエン薬局のハーブドロップ
天のやのたまごサンド
米風土の米
NOAKEのボンボンブーケ
赤坂柿山のぽちシリーズ



フードソムリエ代表 北村貴さん

フードソムリエ代表の北村さんは、北海道・帯広と東京を往復する生活を送っています。東京スタッフも心待ちにしているのが帯広土産! 「北海道は御存知の通り食材の宝庫。特に帯広は昔から酪農だけでなく砂糖工場が多いので、お菓子文化が発達してきました。意識の高い生産者の間から新しい手土産がどんどん誕生していて目が離せませんよ」


六花亭 ご容赦

変わった名前のどらやきですが、その意味は「売り切れちゃってもご容赦ください」から。朝、できたてが売り出されると瞬く間に売り切れる人気商品なのです。「知る人ぞ知る名品。やわらかく煮た十勝小豆をあまり潰さずに入れていて、煮豆みたい。生地はふわふわで、1枚1枚手作りで焼いているのだそう。朝、お店に駆けつけて買う味です」

六花亭 ご容赦


伊勢屋 よもぎ餅

世田谷区の下馬にある小さな和菓子屋さんですが、ていねいな仕事ぶりが評判。実は北村さんも深く関わっているようです。「このよもぎ餅のよもぎは我が家の実家の山で摘んだもの。帯広の黒千石大豆で作るきなこもご紹介して使ってもらっているし、あんこも有機栽培小豆です。話のネタになるだけでなく、信頼できる食材をしっかり選んで使ってくれるという意味で都内での手土産はこちらで」

伊勢屋 よもぎ餅


その他の愛用手土産

代官山シェ・リュイのプティサレ
アンファンのマシュマロ
前田農産の十勝ポップコーン


料理家の座談会、「食」の調査・レポートなどお仕事依頼はこちら

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

<-- //END:プレゼント -->
  • Flipboard
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5