プロ料理家359名によるプロのレシピ4694

きちんとレシピ

レシピ詳細

Mousse di cioccolato e peperoncino~ムース・ディ・チョッコラート・エ・ペペロンチーノ~

  • 印刷用ページ

by 料理家 Amoroso Filippo(アモロソ・フィリッポ)

02月01日

  • イタリアン
  • お菓子
  • パーティ

え!チョコレートなのにピリッと辛い?

ヴァレンタインの日にピリッと辛いチョコレートムースはいかが?

MYクリップする
MYクリップ数(3件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(0件)

調理時間

材料

6

チョコレート 110g
コーヒー 50ml
バター 20g
2個
唐辛子(粉状:一味唐辛子でもOK) 1g
生クリーム(トッピング用) 100cc
グラニュー糖(大さじ1:卵白用、大さじ1:生クリーム用) 大さじ2
  1. ボウルにチョコレートとコーヒーを入れて湯煎で溶かす

  2. チョコレートが溶けたら湯煎からおろし、そこへバターを加えて溶かす

  3. ②に卵黄を加えて混ぜ合わせ、さらに唐辛子を加えて混ぜる

  4. 別のボウルに卵白を入れてハンドミキサーで泡立てたら、グラニュー糖を大さじ1加え、さらに泡立てて硬くて艶のあるメレンゲにする

  5. ③に④を加えてメレンゲを潰さないようにやさしく混ぜる

  6. 器に入れて冷蔵庫で2時間ほど冷やす(※⑥の冷やす時間は調理時間30分には含まず)

  7. ボウルに生クリームを入れ、ハンドミキサーで混ぜながらグラニュー糖を大さじ1加えて、角が立つまで混ぜる

  8. 頂く直前に⑥のムースを冷蔵庫から出し、生クリームをトッピングし、その上に唐辛子を少しかけて出来上がり!

調理のポイント
  • チョコレートを湯煎にかける際には、火にかけ過ぎないように!(パサパサになってしまうため)
  • チョコレートの種類はお好みで選びましょう!大人の味を演出する場合にはダークチョコをおススメします♪
  • 生卵を使用するので、作ったその日に食べ切るようにしましょう。
プロのひと手間
  • チョコレートは細かく砕いておくと、ムラなく短時間でとける
さん プロフィール

イタリアのフィレンツェに生まれ、料理研究家の父の下トスカーナ伝統料理を学ぶ。さらに学生時代には芸術の基礎を学び、伝統料理に芸術的な感性を加えた独自の料理を生みだしてきた。2003年、結婚を機に来日。2... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5