プロ料理家361名によるプロのレシピ4700

きちんとレシピ

レシピ詳細

Mousse di fragole e cioccolato~苺のムース・チョコレートソースがけ~

  • 印刷用ページ

by 料理家 Amoroso Filippo(アモロソ・フィリッポ)

01月04日

  • ふんわりしあわせ、スイーツ時間
  • フードプロセッサー/ミキサー/ジューサーで、このレシピ
  • イタリアン
  • 家庭料理
  • お菓子

季節のフルーツでつくる簡単ドルチェ!

甘酸っぱさが食後のデザートにピッタリ!

MYクリップする
MYクリップ数(7件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(0件)

調理時間

材料

【苺ムース用】
イチゴ 150g
グラニュー糖 60g
板ゼラチン 6g
ラム酒 20ml
生クリーム(植物性):ムース用 200ml
【チョコレートクリーム用】
ビターチョコレート 60g
生クリーム(植物性):チョコレートソース用 50g
  1. 最初にムースづくりから。まず150g分のイチゴを洗って4等分に切り、75gずつ2つに分けておく(うちひとつは2でグラニュー糖と一緒に煮る分)。余ったイチゴは飾り用に残しておく

  2. 1のイチゴ75gとグラニュー糖60gを鍋に入れて約1分間火をとおし、ラム酒を加える(ここでイチゴに火をとおすのはゼラチンを溶かすため)

  3. 2に絞ったゼラチンを混ぜて完全に溶かす

  4. 1の残り75gのイチゴと3のイチゴを合わせてフードプロセッサーに入れ、混ぜ合わせる

  5. 生クリームはハンドミキサーで角が立つまで泡だて、4のイチゴと混ぜ合わせる(注:混ぜる際、生クリームをイチゴの上にのせ、クリームの泡をつぶさないように静かに混ぜる)

  6. 5を型に流し入れてラップをかけ、冷蔵庫で冷やし固める

  7. 2~3時間後、ムースを冷蔵庫から出し、型からとりだして器に盛り、1の余った苺を飾る

  8. 次にチョコレートソースづくり。まず生クリームを鍋に入れて弱火で温める

  9. みじん切りにしたチョコレートを8の鍋に加えて混ぜ合わせる

  10. チョコレートがクリーム状になったら固まらないうちにスプーンなどを使って苺ムースの上にかけて出来上がり!

調理のポイント
  • 板ゼラチンは必ず冷水でふやかす(温かい湯で溶かしてしまうと、ゼラチンの固まる成分が湯の中に溶け出してしまうため)
  • 生クリームとイチゴを混ぜる際は、イチゴの上に生クリームをのせ、泡だてたクリームをつぶさないようにする
プロのひと手間
さん プロフィール

イタリアのフィレンツェに生まれ、料理研究家の父の下トスカーナ伝統料理を学ぶ。さらに学生時代には芸術の基礎を学び、伝統料理に芸術的な感性を加えた独自の料理を生みだしてきた。2003年、結婚を機に来日。2... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

トップページ用エントリー
トップページ用エントリー
合計 名様
提供:
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5