プロ料理家360名によるプロのレシピ4700

きちんとレシピ

レシピ詳細

ナシゴレン

  • 印刷用ページ

by 料理家 柴田真希

01月22日

  • 家庭料理

インドネシアの炒めごはん、ナシゴレン!

お子さんが召し上がる時は唐辛子を抜いやり、スウィートチリソースを少なくしたりして辛味を調節してください。

MYクリップする
MYクリップ数(5件)
MYクリップとは?
おいしそう
おいしそう数(0件)

調理時間

材料

2人分

小えび 80g
鶏もも肉 80g
玉ねぎ 1/4個
赤パプリカ 1/4個
いんげん 4本
雑穀ごはん 2杯
きゅうり 1/4本
トマト 1/4個
(A)油 大さじ1
(A)にんにく(みじん切り) 1/2かけ
(A)唐辛子(輪) 少々
(B)スウィートチリソース 大さじ2
(B)ケチャップ 大さじ1
(B)オイスターソース 小さじ2
(B)ナンプラー 小さじ1
(B)こしょう 少々
たまご 2個
小さじ1
  1. 1鶏もも肉は小さめの角切りにする。 玉ねぎ、赤パプリカは8mmの角切りにする。いんげんは8mmの長さに切る。 きゅうりは斜め薄切りに、トマトはくし形切りにする。

  2. フライパンに(A)を入れて火にかけ、鶏もも肉を炒める。 火が通ったら、小えび、玉ねぎを入れる。

  3. 玉ねぎが透明になったら赤パプリカといんげんを加える。 ごはんを入れて混ぜ、混ぜておいた(B)を加える。

  4. 別のフライパンに油をひき、たまごを割り入れ目玉焼きを作る。

  5. (3)の炒めごはんを盛り付け、きゅうりとトマトを飾り、目玉焼きをのせる。

調理のポイント
  • 彩り良くいんげんや赤パプリカで作りましたが、冷蔵庫にある旬野菜でいろいろアレンジしてもOK。 たまごを崩してめしあがれ!
プロのひと手間
さん プロフィール

1981年 東京生まれ 幼い頃から便秘に悩まされ、S・M・Lのパンツを常備しなければならないほどの、キューピーちゃんのようなぽっこりお腹と日々格闘。 女子栄養大学短期大学部卒業後、集団給食、栄養カウ... つづき

新着レシピ

一覧を見る

  • 料理家のレシピ本
  • 北のフードソムリエ

今月のプレゼント

「書籍」発酵検定公式テキスト
「書籍」発酵検定公式テキスト
合計 5 名様
提供:一般社団法人 日本発酵文化協会
  • モバゾー
  • 北のフードソムリエ
  • MIIKU 日本味育協会
  • movabletype5